top of page

肩関節の評価と治療

松岡​興三
 

IMG_3421_edited.jpg
IMG_3426.jpg
  • 関節疾患は、気質的な障害と機能的な障害があるということ

  • ​実際に現場で治療をするときの思考過程と治療法を学べた。

今回学んだこと

肩関節の評価と治療

松岡​興三
 

IMG_3534.HEIC
IMG_3536.HEIC
  • 実際に肩関節の運動イメージが構築できて関節可動域訓練の本質を理解できた。

今回感じたこと

重要ポイント!!

  • 肩関節可動域訓練時、骨頭の求心位が最も大事。

  • ​そして逸脱している運動を患者さん自身が認知すること。

アンカー 1

​長田 優

IMG_5387.JPG
IMG_5386.JPG

感想

いつもやってる四つ這いのトレーニングでも細かく勉強したら深い!!

​患者さんに意識させる所を学べました

アンカー 2

​長田 優

IMG_5383 2.JPG
IMG_5385.JPG

one point

​腰部脊柱管狭窄症やヘルニア,非特異性の腰痛など、まずは評価を行った上で治療が本当に大切。そしていつも行っている治療を,もっと深く正確に行うことが疼痛軽減につながる。

感想

今日も勉強会来て本当によかった!!

仕事のモチベーションup!!

​体幹の機能解剖と臨床応用

藤井 保貴

​臨床で体幹が強化できれば、と何度も感じていました。それが今日の授業で、具体的にどうすれば良いのかを学べました。

​実技が本当に嬉しい!!!

来月も体幹周囲の話を聞けるのは最高です。みんなで学びましょう。

IMG_5477.HEIC
bottom of page